お寺のつきあい方

本日のご相談から 

子供に面倒をかけたくないので、生前よりお寺を探しています。
先日、(昨年夫を亡くした)友人と話していたら、お寺と付き合うのは、たいへんだ!と聞きました。
何十万円の寄付金の依頼が来たり。頻繁なおまいり。等々で困ったと言ってました。
長蓮寺さんにお世話になった場合、この点はどうでしょうか? 

尚、↑の相談内容は差し障りの無いように変更しています。


上記のような相談者さまのご友人の寺院とのトラブルは、
御身内が亡くなった。けれども、知っているお寺様がなかったので急遽、本家が付き合っているお寺。若しくは葬儀社に依頼して来てもらった僧侶が、お葬式を行ったケースが多いような気がします。

つまり、いままでまったくお寺と付き合った事が無い方が、葬儀を介してお寺と付き合うようになって・・・「えーこんなに大変なの?」となることでおきるようです。

特に葬儀社にお寺さんを依頼された場合、全くの初対面でしょうから。しかも、葬儀社が間に立って取り持ってくれるのは、葬儀中だけです。その後、納骨の時には、葬儀社はいません。(中には、葬儀後のアフターケアまできっちりしてくださる葬儀社もありますが、少数です)

今までの、檀家(門徒)制度の慣例として、お寺側からすると、「お葬式を行う=檀家・門徒になっる。寄付金もお願いします。」と云う解釈になります。
一方、喪主側からすると、「お葬式でチョットだけお経をあげて欲しかっただけなんだけど・・」

このギャップが、トラブルの元ですよね。

寄付金 1つとっても、お寺により考え方は、様々です。宗派で異なるより、お寺お寺で違います。
一切、寄付金を要請しないお寺もありますし、従来通り 檀家(門徒)の方々に半強制的にお願いするお寺もございます。(強制的にしないと集まらない事もあるからです)

これからお寺を探される方は、1つのお寺に固執せずに、色々なお寺にお電話されてみたり、住職の考え方を聞いたりして、ご納得頂いてから決められるのがベスト!ですね。
ご納得されてから、そのお寺さんにお弔いをお願いした方が良いと思います。

子供に面倒をかけたくない!と思っておられるのなら、
事前(葬儀の前)に信頼できるお寺さんを見つけてください。


おっと! 肝心の質問の答えですが・・
長蓮寺の場合 寄付は任意になります。強制はありません。
ご供養も、残されたご遺族のご希望に出来るだけ添わさせていただきます。
詳しくは、気軽にお寺にいらしてみてくださいね。


この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: