笑顔

本日、お寺の世話役をしてくださっていた御檀家さんのお葬式を勤めいたしました。



笑顔の絶やすことのないおじいちゃんでした~~

90歳を過ぎてからも、耳は少し遠くなられてましたが週に何回か通うデイサービスにも元気に出かけられ、内臓等不都合もなく、食事もよく召し上がれておられる様子に、これは、100歳まで元気に大丈夫ですね。と話したりしておりました。
ところが、先日、風邪をこじらせ入院された。とお聞きして心配しておりましたが、突然 容体が悪化し・・・、本当に残念です。

一昨日、お悔やみの枕経にお伺いすると、御家族から入院中のこんなお話をお聞きしました。
笑顔が絶えなかったおじいちゃん、病院に入院されてからも、笑顔が絶えなかったそうです。
特に、具合の良い時には、検温に来られた看護師さんとハイタッチされたりしたそうです。
担当の看護師さんも、Yさんの所に来ると「逆に元気もらえるわぁ」とおっしゃっていたとのこと!。

・・話しは変わって
現在 NHKの朝ドラ「朝が来た」に五代友厚(ディーンフジオカ)さんが登場されておりました。迫真の演技にみなさんフアンになられた方も多いのでは無いでしょうか!
このドラマの中で、五代様は、「お金は墓場には持っていかれへん。それよりも問題は後世に何を残せるかだけです。」
と仰せになっておられました。

先述の亡くなられたYさんの逸話を聞き、この五代さまの言葉が私の頭中に浮かんできました。
病院に入院されてる方は、色々な方がおられます。そのほとんどの方は、病気の事で笑顔になれないことがほとんどでしょう!
そんな中で働いておられる看護師の方々にはYさんの笑顔は、「一条の光」だったに違いありません。
「救われるわぁ」と感謝されていた看護師さんは、きっとYさんの事を胸の片隅に覚えておいでになることでしょう!

確かに、大阪の経済発展された五代さまとは、スケールが違いますが、・・・後世(残された私たち)に残されたと言う事実は同じですね。

こんな事を、昨晩のお通夜の席でお話しさせて頂きました。
私も、Yさんの事は忘れることはありません。この事以外にもたくさんの事を教えて頂きました。
本当にありがとうございました。
今日は、お天気もよく山もきれいに見えておりました。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: