入棺体験

皆様、シルバーウィークいかがお過ごしでしたか?
当然、お寺には連休はありませんので、通常通りでした。
5連休最終日、お天気に恵まれ秋彼岸のご法要を務めさせて頂きました。
DSCN0150.jpg


DSCN0156.jpg

法要後、恒例のセミナーを開催しました。
連休でお参りできないとの連絡も頂く中、少し開催も心配しましたが、たくさんお方にご参加頂きましたm(_ _)m
今回は、以前に開催した「これからの葬儀」の続編ということで、ここ1.2年の葬儀傾向についてお話しさせて頂きました。

ここ一年、私の感じる限りでは本当に家族葬が増えました。
家族葬と一般葬儀、どちらもメリット、デメリットがあります。
一言で家族葬と言っても様々なケースがあります。御身内が2.3人~30人おられても家族葬なのです。

周囲の方々との絆を切ってしまうような家族葬はしないでくださいね。これだけは、念を押して今回御参加の方々にお願いしました。

また今回は、特別に近所の米原葬儀社さんにお願いして「おかん」をお借りしました。みんなで入って見ることにしました。いわゆる、入棺体験です(^ ^)
みなさん、何回かはご親戚のご不幸時に見たことはあったようですが、実際にゆっくりご覧になるのは初めてのようで、興味津々!
日蓮聖人「 まずは臨終の事を習うべし」とおっしゃっておられます。

早速、私も入ってみました(^^;)
DSCN0161.jpg

六尺のお棺でしたのでギリギリ。肩が少し窮屈かな。
でも意外と快適!
敷布団も敷いてあるので、寝心地?もよかったですよ。

この「入館体験」は、また機会を見て開催したいと思います。
是非、生きているウチに一度入ってみられることをおすすめします。

きっと、得るものがあると思いますよ。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: