頼られる寺院

ここ近年、インターネットからの、色々なお問い合わせを頂く事が多くなって来ました。
その中でも、とりわけ多いのは、「お骨の始末」の事。


お弔い(お経をあげてお参りして欲しい)!その後、出来たら納骨も~
ではなくて、
葬儀は葬儀社に任せるから、その後の「納骨だけ」お願いできないのか?というお問い合わせです~(-。-;
如何に坊さんは葬儀で頼られる存在になるにはどうすれば良いのか?
今の私の課題です^_^
そこで、ぜひ参考にさせて頂きたい!と思い、以前ご講演をお聞きしたことがあるお寺様に話をお聞きしに群馬県まで行って参りました。


お邪魔して来たのは、館林市のNPO三松会
http://www.sansyoukai.or.jp/
急にご連絡したにもかかわらず三松会の塚田理事長はじめスタッフの方々には、大変良く懇切丁寧に教えて頂きました。
この日も、数体のご遺体を預かっておられました。
今でこそ、順調に運営されているNPOですが、発足当時はご夫婦お二人で葬儀を施行されておられたとのこと。
ご苦労話等、お聞きしながら、ウチのお寺では到底同じことは出来ませんが、「頼られる寺院」へのヒントが隠されていそうですね。
ファイトp(^_^)q

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: