火葬場

ご縁があって、独り身で亡くなった方のお弔いを勤めさせて頂きました。
20150103 105458




一人での最後はさぞさみしかっただろうなぁ?と思いを馳せながらお参りさせて頂きました。発見が早かったのがせめてもの救いです。
富山での一般的な葬儀の流れとは異なり、検死や各諸手続き等で、火葬後の葬儀になりました。

昨今の富山市内での葬儀は、各葬儀社とも葬儀ホールを持っておられる為、ホール中心のお弔いになっております。

ホールでの葬儀→火葬場→ホールに戻って繰り上げの初七日と食事→火葬場で収骨 もしくはホールで収骨

ご遺体を炉にお入れしたらすぐにホールに戻ってくるのです。
以前、葬祭ホールが無かった時代には、火葬場で収骨まで待つこともあったのですが・・・最近、めっきり少なくなりました。
チョット話が横にそれました・・(^^ゞ

今回は、事情が違ってたので、時間を調整し、火葬場でご遺体の到着をお待ちしてました。
この間、火葬場の職員さんに色々なお話が聞くことが出来ました。

二階には立派な待合室があり、 繰り上げ初七日も出来ます。
20150106 114615

しかも、富山市の施設ですので、富山市民は無料で使用出来るそうです^o^
これは使わないてはありせんよね。
20150106 120121

職員さんのお話ですと・・
ご時世柄、少しでも葬儀にかかる費用を抑えたい方が増え、昔のように火葬場の待合室を利用して、初七日・食事をなさるお家が増えてきてるそうです・・

富山市には、市営の火葬場が4つあり、待合室が老朽化している場所もありますが、大沢野にあるコチラは、冷暖房完備されてますし、以前のように おむすび&漬け物をいただきながら収骨を待ってもイイですね。



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: