尾木ママ

久しぶりに、国際会議場へ。

2014-10-05 12_24_59





 「尾木ママ」こと 教育評論家の尾木直樹の講演会に行ってきました。
北日本新聞社主催され、無料ですが応募多数の場合は抽選と言うことだったので、半分諦めていましたが
運良くチケット当選できてお話を聞くことが出来ました。 (*'-')b OK!

開演30分前、会議場へ着くやいなや、スゴイ人です!
他のイベントもあったせいか?エスカレータが大渋滞!

国際会議場メインホールは、仏教会の「はなまつり」でお世話になっているホールです (^^)
事務局の時に、何度も通い詰めてたので、館内もよく知っていたので、エレベータでさーっと三階へ

既に場内は8割ほど来場されていました。
やはり、女性が多かったですね。年代は、小学生連れの30代の子育て世代~60代の方々まで幅広く集まっておられました。

12:50 定刻で開演 
ホール正面入り口より尾木ママ 登場! 
スゴイ人気です! 来場の方々と握手やハイタッチが終わりません! 登壇されるまで5分以上。

実に流暢でテンポ良く、笑いが絶えない楽しい 講演会でした。

テレビ番組「ホンマでッかTV」ネタをはじめ、実にユーモアあふれたお話! で横道にそれたりすることもしばしばでしたが、さすが 教育評論家ですね。

これからの教育は「共感力」とおっしゃっておられました。
ただ、叱るだけ・ほめるだけではだめ。

親が頭ごなしにせずに、まずは子供達の話を聴くことが大切とのこと!

「聞く」ではなくて「聴く」(心から耳を傾ける)! 傾聴ですね。


子供達もそうなのか! ビックリです。
以前、うつ病のお話をお聞きした先生からも、ほぼ同じ事をお聞きしたからです。

「傾聴か!」

実に、耳が痛いです (^^ゞ
事に坊さんと言う職業は、説教ばかりしているせいか? 自分の考えは人に伝える事が多くて、人の話をよく聴いてあげてるか?というと???

親としても、坊さんとしても 「良い聴き役」に勤めたいですね。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: