9.10月の言葉

2014_09yamaninoboreba_201409122031530e1.gif



9月に入り、暑さもだいぶ凌ぎやすくなりました。
8月末には、集中豪雨などにより、全国各地にて多くの被害の知らせを受け、被災の皆様には心よりお見舞い申しあげます。

ところで、・・・
たびたび、このブログでも申しあげておりますが、10数年前より趣味が高じて 立山黒部アルペンルートにあるホテル・山小屋等で星座解説の講師をお受けしています。

本年8月も2度ほど、上山し 解説させていただきました。
標高2000m以上あるので、下界の暑さを忘れ、涼し~いです。
景色も抜群です!
IMG_0983.jpg

下界では、曇っていても標高2000m以上では雲の上、雲海だったり
IMG_1004.jpg

運良くライチョウの親子に遭遇! 心があたたまる光景です!
IMG_2080.jpg

昼間の景色もさることながら・・・ 

晴れていれば、夜には満天の星々、天の川がご覧いただくことが出来ます!(^^)!

星座解説で お客様方をお連れして外に出ると・・・
140_4048.jpg

ホテルを一歩出るだけで、雄大な天の川が
2014-08-028.jpg

みなさん「お~」「うわぁ」 感嘆詞がそちこちで飛び交います。
説明させていただく こちらもうれしくて・・解説に熱が入ってしまいます(^^ゞ


実を言うと・・・ ここまで立山での星座解説に入れ込むようになったのも理由がありました。
10年位前でしたか!
丁度、六月下旬に星座解説に立山に行ったときのことです。

山の上と言えども、この時期は梅雨のまっただ中、天候が良い日が少ないものです。
その日は、例にもれず 天気予報も芳しくありませんでした。
折角、立山へ上山しましたが、今日は無理かも?と思いつつ、室内でお話をさせていただいておりますと・・・

フロントの方が、「飯田先生・・晴れて来てます!!」
あわてて、お客様をお連れして外に出ました。

外は快晴!

しかも、先程まで降っていた雨でチリが落とされた為が、1年を通しても一番!の満天の星でした。
お客様方も、満天の星・天の川・流れ星を十分楽しまれたご様子でした。

しかし6月と言えども、標高2400mもありますと夜は冷え込み、時には10℃近くに冷え込む事もあります。
ほとんどのお客様は、小1時間ほどで・・寒い!、寒い!と言ってお部屋に戻られます。

その時も、次第に少なくなり、1時間半ほどでほとんどお部屋に戻られ、おられなくなりました。

それでも、熱心に星空をごらんになられている中高年の御夫婦が1組だけおられました。

聞くと・・関東からいらしたとの事。
とても、感慨深げに星空をご覧になっています。

あまりの熱心さにひかれ、
私のデジタルカメラで満天の星をバックにお二人を撮って差し上げる事にしました。

その後、富山に戻り、プリントして その御夫婦のご住所にお送りすると、お礼の手紙をいただきました。

その手紙中には、写真のお礼は元より

「実は、今回の立山への旅行は、夫婦生活最後の記念として旅行にきました。」
「天候も芳しくなっかったので、(夫婦生活と同様に)星を見ることも諦めていました。」
「しかし、雲が取れ、パッと晴れ 満天の星空を眺めながら、ふたりで話し合いました。もう一度だけ夫婦生活をやり直そうと思っています」

と書かれていました。!(^^)!

私としても、ホントに忘れる事の出来ないご夫婦です。

まさにこの御夫婦は「仏さまと出会われたのですね」
そのお手伝いが出来たことのうれしさは喩えようもありませんでした!

このような思いで、立山へいらっしゃる方は少ないかもしれませんが、・・
「海外単身赴任になったので、その前に日本の良い景色を家族といっしょに過ごしたい!」
とか、様々なご事情の方は少なからずおられます。

この御夫婦にお会いして以来、お客様方との交流も立山へ行く楽しみの一つになったのもいうまでもありません (^^ゞ

しかも、山へ行くと、自然と山へ手を合わせてしまうのです。


とある研究によると・・・
大自然の中でしばらく過ごすと、様々な病気(がんやうつ 等)が緩和されるとのデータもあるそうです。

たまには、大自然に抱かれてみませんか?

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: