お彼岸

Q:お彼岸について教えてください。
お墓参りに行かないとダメですか?
今回、連休に家族旅行に行くことになりました。


A: お墓参りは気にせず、家族旅行を楽しんで来て下さい。

「お彼岸」は、秋分の日(春分の日)を中心に、前後3日間 一週間ありますので、ご旅行から帰られたら
報告かたがた、ご先祖様に手を合わせにいらしてくださいね。

今年は、秋分の日が9/23ですから、9/20-9/26が、「お彼岸」になります。

「お彼岸」とは、言葉は悪いですが、交通安全週間や愛鳥週間の様な「仏様に近づこう週間」です。
「お彼岸」=「墓参り」ではありません。 

「彼岸」は読んで字の如く「あちらのきし」と言うことです。

「あちらの岸」があるのですから、当然 対岸には 「こちらの岸」もあります

あちらの岸=仏さまの世界 迷いのない世界(死んだ後の世界ではありません)
こちらの岸=私たちの世界 悩み・欲望だらけの世界 です。

私たちは、いつもは欲にまみれて過ごしていますが、この春秋の一週間だけは「仏さまに近づくように
精進しましょう」と考えられ、昔から習慣としてきました。
その一環として、ご先祖に手を合わせることで、自らを振り返り心落ち着かせる為に「お墓参り」が定着しました。

では、仏さまに近づく為にはどうしたら良いでしょうか?

お釈迦様は、(難しい仏教用語ですが)「六波羅蜜の修行をしなさい」と、六つの修行を説かれておられます。

・人に施す(結果を求めない)~布施
・身をつつしむ(他からの強制でなく)~持戒
・堪えしのぶ(×我慢)~忍辱
・努力する~精進
・心静かに保つ~禅定

・そして、仏さまの教えにそって心をみがく~智慧

この6つの修行することが、仏さまに近づく方法=幸せになる方法 なのです。

しかし、これらをぜんぶするのは大変です。
また、連休にご旅行においでになるとの事。
上の6つの修行は、ご旅行中でも実行可能な事もありますので、一つだけでもやってみませんか?



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: