1月の言葉

雪に覆われて大地は力を蓄える(長蓮寺カレンダー 1月の言葉より)

2013_01言葉
遅ればせながら・・・
あけましておめでとうございます。

時折、小雪が舞う正月を迎えております。
皆様の街は如何でしょうか?



例年、年末年始には、31日の夕方6時・深夜12時・翌朝元日朝6時、そして新年祈願会として朝10時
5~6時間おきに、ご本堂でお経を致しますが、

この間、雪が降り続くようだとたいへんです。除雪作業でへとへと

IMG_1306.jpg
ところで、
富山では昔から・・

「雪が降ると根性が悪くなる」

と言われております。
私も東京から越してきたばかりの時には、そんな事あるのか?と思っていましたが・・


「お隣さんの屋根雪がウチの庭に落ちてくる」
「玄関先をきれいに除雪したのに、隣の方がその後にウチの敷地側に雪を置いていった」
「除雪機が入らない自宅前の小道を、付近の方々の為にと、大きい通りまで除雪し終わったかと思ったら、隣家の若者が何も言わずに車でブーンと出て行った」とか・・・

等々・・
確かに、雪が降ると、どうしてもご近所とのトラブルが出てくるようです。
特に、雪の捨て場がない町中の住宅密集地の方が多いようですね。

地上には分け隔て無く、平等に降る雪ですが、私たちの心を試すか?の様に・・・


先日こんなことがありました、

お経でお檀家さんの家々を回っているときの事。
そこのお家は、幅3m程の道路に面しているのですが、道路にも雪が30センチ程積もっていた状態で、
除雪がされていなかったので、通行の邪魔にならないように、除雪がなされているお隣の敷地に
面した道路に路駐しました。

これが良くなかったようです(>_<)

お経が終わり、挨拶し、外に出て行くと・・・
男の方が腕組みしながら、私が出くくるのを待ち構えていました。

その男の方は、顔をあわすな否や

ものすごい剣幕で・・
「ウチの車庫の前に(車)を停めて・・」
「非常識や!!」


と、たいへん怒っておられ、私が家から出てくるのを待っておられたようです。


よく見ると、私の車が車庫に10㎝ほどかかって、停めてしまっていたようでした。
私は、平謝りして事なきをえましたが、・・・


冬の間、「雪は、人の心を惑わすようです。」


と言うことで、

雪が降ると、憂鬱になられる方もおられますが、ここは考え方を変えてみましょう!・・・


実は、冷静に考えると・・

この「根性悪くなる問題」は、すべて「コミュニケーション不足」が原因なんですよね。


お隣に屋根雪が落ちて迷惑を掛けているようなら、一言「いつもすいません」と

会社へ出て行くときに、隣のおじさんが公道を除雪なさっておられたら「ありがとうございます」

私の場合も同様でした。

お隣さんに、一言「車を停めさせていただきます」と言っておけば良かったんですね。


寒い日が続きますが・・

「あいさつ」はもとより、周りの方とのコミュニケーションを取るようにしましょう!

恥ずかしいかもしれないけど・・勇気を出して・・




そうすれば、この冬が終わった頃には、すばらしい春が待っていますよ~


自戒も含めて書きました。                    合 掌

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: