本年最後に

 早いもので、今年もあと残すところ数時間となりました。

IMG_1214.jpg
 先月11月中旬に一年半ぶりに立山室堂に行って参りましたが、山の上は3m近い積雪がありました。
冬が早いのは山の上だけか?と思っておりましたが、ここ数日の雪の降り方をみると、冬将軍はなかなか強そうですね。くれぐれもお体を大切にお過ごし下さい。

 今回のお話は、その室堂に行った時のお話です。

 


例年、室堂の施設の依頼で1シーズンに何度か、訪れる室堂ですが、今年はタイミングが悪く一度も上山しておりませんでした。たまたま、先月時間がとれ、幸い天候も安定しているようでしたので、山小屋へ1泊の予定で車を立山駅に停め、高原バスで室堂まで参りました。

天候は快晴!久しぶりに大自然の中、洋風カンジキ(スノーシュー)を履き徒歩1時間ほどの室堂山へ登りました。

DSC_6939.jpg
山の稜線は風が強く-10度以下の極寒でしたが白山に沈む夕日、雲上の黄昏時を十分に堪能することが出来ました。
 と、ココまでは良かったのですが、・・・

夜半過ぎより風が強くなり翌朝には地吹雪

視界は最悪!、山小屋からやっとの思いで室堂ターミナルへ行くと・・・

「高原バス終日運休」のアナウンスが・・高原バス通りを徒歩で立山駅まで降りようか?とも考えましたが室堂付近は強風で息も出来ない状態です。
バス通りと言えども遭難の危険がありますので、迂回して大町経由(長野)から富山へ帰ることにしました。

 何度も訪れているアルペンルートですが、黒4ダムの先はまだ行っていませんでしたので、これも良い経験!と思いつつ、扇沢に下り大町駅へ。
大町からはJR大糸線で糸魚川まで、各駅停車に乗るとのこと。
各駅停車の電車はほぼ30年ぶり!懐かしさあり、昔とはだいぶ変わったワンマン電車に興味津々ワクワクしながら乗車したのもつかの間、三つ目の駅あたりで、上り電車と交換で10分待ち等のアナウンスを聞くと、何時になったら着くのだろう?やっと1時間が過ぎ、南小地谷で乗り換え、またさらに各駅停車で1時間!
 
 終点の糸魚川のアナウンスを聞いたときは、やっと着いた!との安堵感がこみ上げてきました。
その後、糸魚川から特急に乗りこみますと、なんて快適なんだろう!日頃、東京や京都に行くにも、この「特急」に乗りますが、「新幹線なら早いのに!乗り継ぎ不便だなぁ」と不満を漏らすときもありましたが、今回の長旅で考えが一掃されました。
 
 お釈迦様は「人生は苦しみである」とおっしゃっておられます。「何故にネガティブな考え」なのか?とおっしゃる方もおられますが、・・・

 各駅停車を基準に考えれば、特急は快適です。一方、新幹線を基準に考えれば、何に乗っても不平・不満が出て来ます。徒歩を基準にすれば、各駅停車だって素晴らしく感じるでしょう!

人生を「苦しみ」と踏まえることで、「人生をシアワセに過ごすヒント」をお示しになられておられるのですね。今回はホントに良い経験をさせていただきました。

皆様にとって来る平成25年が幸多き年になりますように。      合 掌

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: