金環日食① 

2012-05-23_075242.jpg
ゴールデンウイークは、法務の関係で、子供たちを、どこにも連れて行けませんでした。
今年の天文イベント「金環食」が起こる21日は運動会で代休とのこと。
そこで、下の娘に金環食に連れて行くヤクソクをしました。


↑金環食は上の画像の黄色と青色ラインの中でしか見る事が出来ません。


週間天気予報に依ると、21日の朝は紀伊半島沖合に低気圧が発生して金環食が
長く(ゆっくり)見える中心線付近(太平洋側)は曇りマークが並んでいます

そこで、太平洋沿岸部(中心線)は諦め、とりあえず、金環日食がみられる北限界線付近へ行く
予定にしたのですが、予報が日々変化していて、直前まで、どこへ行けばよいのか?

1845886608_189.jpg

一時は、北陸が1番みえる確率がありそうだったので、「小学校グラウンド」or「立山室堂」も候補と
していたのですが、機材を運び入れるのが困難な事(今の小学校はグランドへの立ち入りも許可が必要)と、
今回はやはり「金環」(わっかになる事)にこだわりました。

もし、金環を見に行って曇られ、富山は見られたとしても後悔しないですが、きっと逆だと後悔したでしょう

20日午前中の月参りのお経が終わっても、まだ 遠征先を迷ってました。

☆の仲間との遠征では、21日深夜に富山を発って、「行き当たりばったり」も出来るのですが、
今回は子供と一緒なので、無理はできません。どこかにゆっくり宿泊してするつもりでした。

お昼の天気予報でも、相変わらずはっきりしない天気の様子!
でも、一カ所だけ、限界線付近で 「晴れマーク」の所がありました!
もう、これを信じて行くしかない!

そこは、長野と群馬の県境ちかくでした。
ふと、以前 20年以上前に訪れた浅間山の東側溶岩台地の絶景がふと頭をよぎりました!

よし

候補地が決まれば、即 行動です!

宿泊場所を、インターネットで調べ・・・「屋上」があるホテルが見つかりました!

軽井沢クラブ1130

※ホテル近辺が見晴らしが悪くても、屋上があればホテルから移動なしで金環食観測が可能と
判断したんです。


IMG_0915.jpg
↑日食の為の機材を積み込み、

あわただしく 午後1時 富山を出発!
行く途中、ホテルに予約と屋上使用の確認、電話。

案の定 屋上の夜間使用禁止とのことでしたが、明朝だけ、金環食で特別に、朝6:30に
解錠してしてくださる約束をとりつけ、ホテルを予約

車で240キロ!北軽井沢にむかいました。
やはり、心配なのはお天気ですね。南下するに従い、薄雲が増えてきます。

午後5時半 ホテルに到着 天候はくもり

予想イメージよりも、豪華なすばらしいホテルでした
P5210374 (1)

P5200365.jpg  IMG_0899.jpg
↑ 広い室内&ベットに娘は大感激!

そうそう、一番大切な事を忘れていました! 日食を見るための「屋上の視察」です。
P5210373.jpg
↑若干 建物に邪魔されますが、ほぼ、360度を見渡せるベストな環境 東方向はokです。
 ただ、宿泊者の数によっては、明朝の金環の時には、人であふれる恐れがあるので、第2の場所を
 フロントに聞いておりました。


さーて、屋上も見たし、安心したら急におなかが空いてきたので、夕食(バイキング)へ
IMG_0895.jpg        IMG_0894.jpg
↑軽く一杯のつもりが調子に乗ってワインまで(^^;) ↑食事(バイキング)もおいしい

ここで、ぐっすり(-.-) Zzzzz・・・・ となるはずだったんですが、・・・・
娘が興奮して眠れない!と言いだし、しばらく眠れるまで添い寝

寝静まったのを確認し、そのまま寝れば良かったんですが、・・・・・

今度は、どうしても天気が気になり、部屋の窓から外を見ると「星が瞬いてます!」
もしかして「はれる?」

こうなると、もうお目々がパッチリモード
結局、熟睡できたのは2時間ほどでした。

つづく・・・・

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: