蓮の植え替え

IMG_0797[1]
やっと、桜も咲き出し、春らしくなりました。
やはり、例年より10日ほど遅いですね。


例年、この時期、恒例の「蓮の植え替え」

いつもはお彼岸過ぎ(三月下旬)にするのですが、今年は祠堂法要4/7が終わってからです
週間天気予報を見ると、しばらくおだやかな日々が続きそうだったので、蓮4鉢中、3鉢を
植え替えました。

長蓮寺には、蓮池などありません。

ですから、大きめのプラ鉢で育てています。ほぼ毎年植え替えです(^^ゞ

これが、以外と一苦労!

まずは、

①メダカのお引っ越し(夏場のボウフラ対策も兼ねて蓮鉢で育ててます)

数日前に、鉢中の古蓮茎を取り除きます(メダカを捕獲しやすいように)

少しずつ、鉢内の水を抜きながら、メダカを捕まえ、他の水槽に移動します。
IMG_0802.jpg


②プラ舟に「えいやぁ」力を込めて、蓮鉢をひっくり返します
IMG_0800.jpg  IMG_0812.jpg


長蓮寺は、街中で境内もコンクリなので、出来るだけ泥が散乱しないようにきをつけなければなりません

③鉢底にとぐろのように巻いているレンコンを丁寧とりだし、別のポリバケツで水洗い

④あたらしい土と昨年使って乾かしておいた古土に牛糞をまぜ、その上に1番丸々太ったレンコンを選んで植えます
IMG_0799.jpg

今回、実験的にA鉢には底にnew土、B鉢には、底に古土を敷き詰めてみました。
さて、どちらが良いのか?今後の生育状態が楽しみです。

⑤鉢に水を入れ、完了!

なのですが、作業はこれからも続くのです。

プラ舟にある古い泥の後処理。今後、一ヶ月かけて乾かし、古い根を取り除き、来年再利用する為です。

また、メダカもすぐに蓮鉢に戻すと、野鳥?カラス?に持って行かれるので、蓮の葉が出るまでは、
しばらく水槽での管理が続きます。



このように、大変手のかかる「蓮」ですが、大輪の花が咲いたときは、感慨無量です!

みなさん、「蓮」を育ててみませんか?

今年、取り出して植えきれない「レンコン」がございます。
希望者にさしあげますので、お寺までご連絡ください。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: